星野廉の日記

うつせみのあなたに

「そっくり」という、まぼろし

 みなさん、猫を思いうかべてください。犬でもでもいいです。

 思いうかべましたか?

 今度は、「猫、ねこ、ネコ、neko」と「犬、いぬ、イヌ、inu」という文字をご覧ください。

 次に、「ねこ」と「いぬ」を発音してみてください。

「猫、ねこ、ネコ、neko」と「犬、いぬ、イヌ、inu」という文字は、あなたの思いえがいた猫と犬に、それぞれ似ていますか? 文字は事物に似ていますか?

「ねこ」と「いぬ」という音声は、猫と犬にそれぞれ似ていますか? 音声は事物に似ていますか?

 今回はそういうお話をしたいと思います。

 私は文字と音声が事物に似ているとは思いません。むしろ、ぜんぜん似ていないと思います。とはいえ、似ていると言う人がいても驚きません。世の中にはいろいろな人がいます。人それぞれです。

 文字と音声が事物に似ていないという前提で話を進めます。

 文字と音声は事物にぜんぜん似ていないにもかかわらず、文字と音声を使って人はコミュニケーションをしています。不思議です。不思議すぎて、腰を抜かしそうになります。

 錯覚なのでしょうか? 例の条件反射なのでしょうか? いわゆる「学習の成果」でしょうか? 

 私たちは文字と音声に騙されているのでしょうか? まぼろしなのでしょうか? 何らかの学問的な説明があるのでしょうか?

 この不思議を「錯覚」とか「条件反射」とか「学習の成果」と名づけて、手なずけようとしても、不思議さは残ります。「うちら、言葉に騙されてるんだ」と腹を立てて悪態をついたところで、不思議さは解消されません。

まぼろし」という言葉で思考停止をしても、「神」や「神秘」を持ちだして判断停止をしても、「〇〇説」とか「〇〇現象」みたいに学問的な説明をされて「ちょろいもんだ」「解決済みなの」と思ったところで、不思議さは去りません。

 不思議さに気休めは役に立たないのです。素直に不思議さを認めたいというのが、私の生き方です。

 私は研究者でも探求者でもないので、勝手に考えてみます。

 身のまわりのもの、いまここにあるものを観察して、ああでもないこうでもない、ああだこうだをするのです。それがわくわくして楽しいからです。

 話を戻します。

 文字と音声は事物にぜんぜん似ていないにもかかわらず、文字と音声を使って人はコミュニケーションをしています。

 たぶん、ぜんぜん「似ていないもの」が、「似ている」ものとか「そっくり」なものを喚起する、つまり誘いだすからだという気がします。

 文字と音声が、まぼろしを誘いだすという意味です。

 猫や犬という言葉で私たちが頭に浮かべるものは、猫や犬に「似ている」ものとか「そっくり」なもの、つまり印象なのです。印象ですから、検証はできません。

 印象ですから、思いうかべているものは他人に伝えられません。「あれよ」「ああ、あれね」という感じなら伝えられるでしょう。人それぞれが頭の中で「あれ」を勝手に思いうかべるという意味です。

 それが印象です。まぼろしとも言えるでしょう。自分を観察してみると、猫や犬という文字を見て、あるいは音声を聞いたり発音してみて浮かぶ、まぼろし、つまり印象は一定していません。

 次々と姿と形を変えます。揺らぎ、ぶれます。ずれもします。

 パソコンやスマホで「猫」や「犬」を検索するときに、「画像」を検索するといろいろば「猫」や「犬」の画像が出てきますが、あんな感じです。あれほど多様で広範囲ではなく、あれの私家版とか自分版という感じです。

 一定していないのです。すっきりもしていません。むしろ曖昧模糊としてとりとめがないのです。まぼろしであり、印象の特徴ではないでしょうか。

 不思議です。それにしても不思議です。

 猫とか犬という言葉、つまり音声や文字で、まぼろしが浮かぶのです。そのまぼろしを各人がうかべながら、コミュニケーションをしているのです。

 コミュニケーションには、コミュニケーションの失敗や誤解や錯誤や不全も含めるべきだと思います。それが正確なとらえ方ではないでしょうか。すべてがうまくいくわけがありません。

 自分のまわりを観察すると、コミュニケーションというのは、綱渡りであり、努力目標の言葉だとつくづく感じます。私たちはコミュニケーションをするだけでなく、コミュニケーションし損なってもいるのです。

「ちょっと、あれはそれじゃないじゃない!」「え? それってあれじゃなかったの?」「ちがうわよ、これはあれじゃないってっば」「ごめんごめん、これがあれだと思ってた」

 まわりを見ていると、こんなことがしょっちゅう起きています。みなさんのまわりはどうですか?

 ところで、最近のはやり言葉はこれです。

「それはフェイクだ」、「フェイクニュース!」、「それはねつ造だ」、「現在は何でもどれだけでもねつ造できる時代です」

 ますますコミュニケーションではなく、コミュニケーション不全が蔓延しています。

「言葉」と、「言葉」によって喚起される「まぼろし」との間の機能不全がピークに達しているようです。

 話を戻します。

 ぜんぜん「似ていないもの」が、「似ている」ものとか「そっくり」なものを喚起する、つまり誘いだす――。

 ぜんぜん「似ていないもの」とは音声と文字という物です。震え(振動)をともなう空気、形をともなうインクの染みや画素の集まりという物です。つまり具象です。

 同時に、音声も文字も意味やイメージという抽象をともなってもいます。その意味で、音声と文字は具象と抽象の両面を兼ねそなえていると言えるでしょう。

 一方の「似ている」ものとか「そっくり」なものとは、印象でありイメージです。つまり、まぼろしであり、抽象です。

 要するに、具象と抽象を兼ねそなえたものが、抽象であるまぼろしを誘いだしていると言えます。

 不思議でたまりません。不思議すぎて、腰を抜かしても罰は当たらないのではないかと思うほどです。

 言葉でまとめてみたものの、その不思議さはいっこうに去りません。